<もんじゅ>評価報告おおむね妥当 原子力安全委PT(毎日新聞)

 95年のナトリウム漏れ事故以来、停止している高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、内閣府原子力安全委員会の安全性調査プロジェクトチームは16日、運転再開を容認した経済産業省原子力安全・保安院の評価報告をおおむね妥当と判断した。ただし、チームとしての最終報告の文案を19日に改めて協議するため、同委員会としての判断は22日以降に行う。

 評価は、ナトリウム漏れ対策の改造工事を含む設備面の安全性と、地元自治体への通報体制など、運営する日本原子力研究開発機構の管理体制の問題が対象。耐震安全性の評価は保安院と同委員会が別の専門家会合で審議を続けており、同県などが再開了承の条件として求めている。【山田大輔】

【関連ニュース】
もんじゅ:再開を容認 「安全性確認検討会」が評価書了承
高速増殖炉「もんじゅ」
もんじゅ:再開容認 保安院「適切に改善」と評価
もんじゅ:40年の軌跡/4 1994年 初臨界 /福井
もんじゅ:再開へ 県と敦賀市、評価理解 保安院説明に「大きな区切り」 /福井

9人の救出不可能 たまゆら火災、実験で確認(産経新聞)
【日本人とこころ】岩崎弥太郎と志(上)常に広い世界を意識(産経新聞)
雪でスリップ、対向車に正面衝突=後部座席の母子死亡−栃木(時事通信)
枝野氏は法令解釈担当も=官房長官より適任−首相指示(時事通信)
<認知症>手押し車に7000万円…80代女性を保護 滋賀(毎日新聞)
[PR]
by lvhfusjdwc | 2010-02-18 11:45
スペルボーン(Spellborn)